2020年度ゼミプレ

昨日、『2020年度 ゼミナール対抗プレゼンテーション大会』の結果発表が行われました。

今年度、原田ゼミは全班ブロック優勝をすることができました。



今日に至るまで、新型コロナウイルスの影響で、例年とは異なる点がいくつもありました。


3期生はフィールドスタディで予定していたタイでの調査も中止になり、研究当初はモチベーションの維持に苦しみました。

また研究活動の多くがオンラインで行われたため、班員同士のコミュニケーションに悩むこともありました。


しかし原田ゼミとして、最後まで妥協せず、より質の良い研究になるよう必死に取り組みました。




10ヶ月間の研究期間、原田先生をはじめ、先輩方、後輩にたくさんのアドバイスをいただき、このような結果を得ることができました。

本当にありがとうございます。


そして、ゼミナール協議会の皆様、審査員の先生方。

オンラインという形式でゼミプレを開催していただき、心より感謝申し上げます。




今回の研究活動を通して得られたことを忘れずに、自身の将来に活かしていきたいと思います。


サポートしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

今後も原田ゼミナールをよろしくお願いいたします。




以下、今年度の各班の研究テーマです。


A班「eクチコミ発信動機に関する研究-快楽的消費と実用的消費の比較的検討」


B班「D2Cモデルの特徴に関する事例研究 -SPAモデルとの比較分析を用いて-」


C班「総顧客コストの観点から紐解く サブスクリプションモデルの特徴」


D班「共同ブランドにおけるパートナーブランド間のブランドパーソナリティの次元別一致度が購買意図に与える影響」




#明治大学 #経営学部 #原田ゼミ

#ゼミナール対抗プレゼンテーション大会 #ゼミプレ

最新記事

すべて表示

2020年度 懸賞論文 結果のご報告

2020年度 経営学部懸賞論文において、原田ゼミナールから1本の論文が入賞しました。 詳細は以下の通りです。 佳作「共同ブランドにおけるパートナーブランド間のブランド・パーソナリティの次元別一致度が購買意図に与える影響」 ここで、表彰チームからのコメントをご紹介します。 「コロナ禍で満足に研究ができる環境ではなく、論文を書き上げる事すら危うかった中で、このような賞を頂けたことを嬉しく思います。 こ

​明治大学経営学部原田ゼミナール All rights reserved