東京モーターショー

10月24日から11月4日までお台場・有明エリアで開催された、東京モーターショーにゼミ生で行ってまいりました。

正直、会場に入るまではモーターショーとはどのようなものか想像できませんでした。

しかし実際は、一歩足を踏み入れてから会場を後にするまで、ワクワクが止まりませんでした!

今回は印象に残ったブースを紹介していきます。

展示場に入ってまず目に入ったのは、キッザニアとのコラボブース「アウト オブ キッザニア in TMS 2019」です。


このブースは今回初開催とのことで、多くの親子で賑わっていました。

マツダのブースでは車のデザイン工程である、金型磨き職人の仕事が体験できたようです。

対象年齢が小学生のみだったので私たちは見学するだけでしたが、一生懸命お仕事する子どもたちの姿にほっこりしました。

続いて日産のブースでは、普段あまり馴染みのない救急車を間近で見ることができました。

車体は思っていたよりもコンパクトでしたが、内部には隙間なく装置や用具が備え付けられており、人の命を救う車のすごさを改めて感じます。

その他にもホンダのブースでバイクの格好よさに心打たれたり、

蓄電器の電源付きのベンチを見つけたり、東京モーターショーならではの演出に興奮しました。

LEXUSのブースでは車体へのプロジェクションマッピングが行われており、子どもから大人まで夢中になって見学していました。

最後に向かったマツダのブースは黒を基調としたシックなデザインで、他のブースとは異なる空気が漂っていました。

特にスカイアクティブエンジンの展示には人だかりができており、多くの人がマツダの技術力に魅了されているのだなと感じました。

今回数時間かけて全ての展示を見ましたが、どの企業の展示も圧巻で、どれだけ時間あっても足りませんでした。

初めは車に興味がない自分がモーターショーに行ってよいものかと不安でしたが、最先端の技術と最新のデザインに触れ、楽しみながら車について学ぶことができました。

次回の東京モーターショーの開催は2021年とのことなので、その際もぜひ見学に行きたいと思います。

​明治大学経営学部原田ゼミ マーケティング