原田ゼミ生が学術研究をする理由

学生に「大学生の間にやりたいことは?」と聞くと,多くの学生は,「学生時代にしかできないことをやりたい」と答える。

「具体的には?」とさらに聞くと,ほとんどの場合,「時間がある時だからこそ,世界中を旅行したい」と答える。

確かに,学生の時が一番時間がある。

その時間を有意義に使うことは良いことだし,それで旅行に行き見聞を広めることももいいだろう。

まあ,もっとも今は,コロナで旅行に行くことは無理ではあるが…。



周りの友人たちが旅行に行って大学生活を謳歌している中,なぜ,原田ゼミ生は夏休みに研究するのか?

それは,研究を通じて,今後の人生の基礎的な能力を獲得できると考えているからである。

では,研究活動の何が人生の基礎的能力となるのか。


学生の研究において,最も苦労するのが,研究テーマの設定である。

研究テーマについて,私は,何も指示をしない。

ただ一言、「日本企業の本質的問題を研究しなさい」と言うだけである。

毎年,ゼミ生は,半年ほど研究テーマの設定に悩んでいる。



私は,このテーマ設定が最も重要だと考えている。

テーマ設定を考えるプロセスを通じて,問題を発見する能力が身につくからである。

学生は、日本企業の根本的問題や課題が何であるかを必死に考え、研究テーマを決める。

私は、この問題発見能力こそが,人生の基礎的能力であると考えている。


よく言われる論理的思考能力は,正しい答えを導くために、当然,重要である。

そして、この能力も研究を通じて獲得できる。

しかし,より重要なことは,問題の本質を見極める力である。

社会には多くの問題がある。

何を問題として捉えるのか。

そして,その本質は何であるのか。

これを見極めなければ,いくら論理的思考能力があっても間違った答えを導いてしまう。

問題発見能力こそが,社会で活躍するための必須の能力であり,それは学生時代に身につけなければならない。

残念ながら、講義を受けているだけでは,この能力は身につかない。

そして、問題発見能力は,教員からテーマを与えられて研究しても身につくものではない。

自ら苦労して考え抜くことを通じて獲得するしかないのである。



だから,原田ゼミでは,他の学生が楽しい時間を過ごしている間,研究をする。

そして,研究を通じて学んだことを活かし,次世代のリーダーとなってもらいたい。


下記の記事を読み,強く共感した。

今回、ブログを書こうと思ったきっかけである。


https://www.linkedin.com/feed/news/%E7%AD%94%E3%81%88%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%80%8C%E5%95%8F%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%88%87-5259194/


​明治大学経営学部原田ゼミナール All rights reserved