サブスク班:春学期 研究の統括

私たちは、サブスクリプションモデルの本質について研究を行っています。



サブスクリプションは定期購入から派生したモデルです。


近年ではApple Music、Netflixなどのデジタル財、KINTOやメチャカリなどの非デジタル財まで幅広い商材で導入されています。


先行研究ではサブスクリプションの歴史に沿った分類がなされていますが、私たちはモデルの特徴による分類を行うことでサブスクリプションの本質を見出せるのではないかと考えました。


今後は企業へのインタビュー調査を行い、定性的に研究を進めていきます。

このような状況ではありますが、悔いのないよう精進して参ります。



最新記事

すべて表示

2020年度 懸賞論文 結果のご報告

2020年度 経営学部懸賞論文において、原田ゼミナールから1本の論文が入賞しました。 詳細は以下の通りです。 佳作「共同ブランドにおけるパートナーブランド間のブランド・パーソナリティの次元別一致度が購買意図に与える影響」 ここで、表彰チームからのコメントをご紹介します。 「コロナ禍で満足に研究ができる環境ではなく、論文を書き上げる事すら危うかった中で、このような賞を頂けたことを嬉しく思います。 こ

​明治大学経営学部原田ゼミナール All rights reserved